カメラ転売は詐欺で稼ぐものなのか

シェアする

カメラ転売に興味を持ち、様々な情報を収集されている方もおられると思います。

その中で「カメラ転売は詐欺まがいな事をし利益を得ているんじゃないのか?」と思ってしまうような情報をキャッチしてしまう事があるかと思います。

実際僕もカメラ転売を実践する前に、上記のような情報をキャッチし、心揺さぶられた経験があります。

「詐欺まがいな事をするならやりたくない」

と考えていました。

現在、こういった情報をキャッチしている方で二の足を踏んでいる方もおられるかもしれませんので、

中山のやり方にはなりますが、それと照らし合わせて回答していきたいと思います。

※転売をされている方で、下記に該当するような販売方法をしている方はいるのかもしれませんが、あくまでも僕及び、僕が知っているセラーさんを基準に回答しております。

クラシックカメラやレンズを扱い、少しでも利益を得るための転売ビジネスである。

こちらについて。実際古いカメラや知らない商品を扱う事は多々ありますが、やり始めは回転率の高いデジタル系を主に扱います。

また中古商品自体、同じ機種でも状態が違えば価値が違うのも当然です。

しっかりとその商品が持つ価値を見極める力を習得する事により利益を得れる事が多々ありますが、これは詐欺なのでしょうか?

古いカメラの骨董品的な側面を悪用し、機能の不具合や状態の説明を誤魔化して出品する。

古いカメラに限らず誤魔化しはいけません

自分もそうですし、僕の知っているトップセラーの方達の商品ページや評価等見れば、こういった売り方はしておりません。

出品者はカメラ趣味とは無関係の素人であり、その知識はほぼインターネット情報の受け売り。

始めたては素人でインターネットから情報を得る事も勿論します。多数の商品を扱うに当たって情報の収集能力は必須になってくるとも考えています。

しかし、インターネットからの情報だけではなく、専門知識を持ち合わせた人と繋がりができ、そういった方から直接知識を得ていくことが出来るやり方を推奨しています。

また、このことが詐欺まがいに該当するのであれば、個人出品者は皆詐欺まがいの販売者となってしまいます。

出品物のタイトルは【極美品】など誇張ばかり。

コレは決まったものではありませんが、タイトルに状態を入れる方が良いと考えています。

ヤフオクやカメラカテゴリーに限らず、キャッチフレーズ的な言葉を商品の説明に添える販売方法は毎日目にされているのではないでしょうか?

コノ表現が誇張的な表現では勿論ダメです。

しっかりと商品状態に沿った表現が必要です。

こちらもセラーさんの評価等を見ていけば分かりますが、ほとんどが「説明通りのキレイさでした」「説明以上」「思っていた以上」などの言葉が並んでいます。

※「説明以上」「思っていた以上」という評価は、セラー的には伸び代があるという事ですね。しっかりと伝えきれていないという風にもとれます(笑)

高値で売ることを優先するために、ボディの傷を模型の塗装ペンなどで塗ってしまう。

これは僕自身は絶対にしません。

ただコレを実行しているセラーさんがおられるのも事実だと思います。模型の塗装ペンというのがどういったものかは分かりませんが、例えばCanonから出されている専用の塗料?とかならありなんじゃないでしょうか?

その際はしっかりと「塗装した」という事は伝えないといけません。

親切、誠実を謳いながら、返品時にさまざまな手数料を要求する。

こちらの不備による返品には手数料や送料などは一切頂いておりません

こちらに不備がある場合は初期不良での対応をしているのです。セラーさんの商品ページをしっかりと見れば分かります。

しかし購入者の中には、購入者都合での返品をご希望される方もおられます。

そういった場合には返品手数料を頂いております。

この手数料を頂かなければ、落札手数料は誰が支払うんでしょうか?

10万円の商品が落札されれば、5,400円をYahooに支払わないといけません。(※該当オークションを取り消す事で、落札手数料は支払わなくて良いですが、オークションを取り消す際には「出品者都合」又は「落札者都合」のどちらかを選択しなければならず、選択した側(今回でいうと落札者)はオークションシステムより自動的に「非常に悪い」の評価がされてしまいます。それを回避して欲しいと言う購入者様への対応となっています。

また、その際の返送送料は負担して頂きます。

購入者都合でも返品を受け付ける。←普通の出品者はしていません。

普通していないサービスをしていると言っているだけです。

購入者の都合なんて沢山の理由があり、一概に全てを書けませんが、例えば

「写真を撮ってみたけど、思った感じの画にならないレンズだった」

「思っていたより重くて使い難そうだから」

「やっぱり違うレンズが欲しくなったから」

などなどなどなどなど、ホント沢山の理由がありますが、この返品サービスがある事で喜んでおられる購入者の方は沢山おられます。

このサービスが無ければ出来ない事も沢山あるんです。

以上かんたんではありますが、僕の主観及び実践方法に基づき回答させて頂きました。何かの参考になれば嬉しいです。

メールマガジン

メールマガジンではBLOGで書けない内容や、
より詳しい内容などを日々書いています。
メールマガジン
スポンサーリンク
広告
広告

シェアする

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>