カメラ転売実践者が撮る写真の真実

シェアする

カメラ撮影

カメラ転売を実践されている方の写真って

  • 背景がキレイで
  • 写真全体が明るくて
  • 配置も整っている

というのが見て分かると思います。

この写真の撮り方を

「光を当てて、傷を隠してる!!」

「実物よりもかなりキレイになるように写している!!」

なんて言葉を目にしたことがあります。

さて、この件についてあなたはどう思われますか?

僕の回答としては、
バカ言ってんじゃないよ!!です。

あのねー。
商品撮影をしてみれば分かると思うけど、
実物よりもかなりシビアですよ!!

実物では全く気にならないような
小傷・ホコリ・汚れ・塗装ムラなんかも
くっきり!はっきり!見えちゃうんですから!!

少なくとも、僕が販売している商品は

実物 > 写真 です・・・

コレはコレでダメなんですけどね・・・

しっかりと商品の良さを
伝えれていないって事ですもんね。

ほとんどの誠実なプレイヤーは
僕と同じように「実物 > 写真」の
関係性になっているんじゃないかな。

日本人気質って言うのかな。

ただ!!!
中には酷い人がいるのも確かです。

今回は写真の話しなので、写真に絞って話しをすると
そういう魂胆(?)がある人の写真を見分ける事は出来ます。

ホワイトバランスを上げまくった、故意的な白とびとか、
明らか黒の部分が見えにくくなっている写真とか。

写真だけの話しではありませんが、
そうやって人を騙して稼いでいる人は
確かにいますよね・・・。

いやー、そんな事しなくても稼げるのに。
絶対やりたくねぇー。

メールマガジン

メールマガジンではBLOGで書けない内容や、
より詳しい内容などを日々書いています。
メールマガジン
スポンサーリンク
広告
広告

シェアする

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>