ネットビジネスに出会うまでの僕 後編

シェアする

早速ですが、前回途中で終わりました
ネットビジネスに出会うまでの僕
の続きを書かせて頂きます。

僕は1つの出会いがあり
会社を辞める事を選択しました。

その出会いとは
自分よりも上のステージにいる人との出会いでした。

毎日を楽しく生きていて
したい事をして稼いでいる。

とても眩しく見えました。

その人と出会い
実績を買い、店を1つ任したいんだけど。
ウチへ来ないか?

僕は言いました。
その店自体は通過点で、その上にいける為ならやります。
その上がないならば、やめておきます。

そういった発言が好きみたいで
是非来てほしい
と言って頂け、自分の中では会社を辞めると
決意が出来ていたのです。

子供もいる中、やめるなんて・・・
ホントにその人は大丈夫???
騙されてるとかはない???

そんな心配をしている嫁の意見を押し切る形で
僕は辞める決断をしました。

そして自宅からは凄く遠くなりましたが、
BIGな男になる為、
まずはその店で実績を出し、
その次のステージを目指していたのですが、

その店は経営危機にありました。
数字的には勿論、人的にもです。

スタッフ達には、僕は「新人」という体で入り、
内部から改革を起こす役目だったのですが、

なんと1ヵ月後には主力の人達全員が
辞め、結果1人のスタッフと
バイトのみになるという状況でした。

この時点で色々騙されていたことに
気付いてはいたのですが、
僕には守るべき人が居る状況です。

また自分の判断が間違っていた
という事を認めたくなく

いや、大丈夫!

なんて、自分自身を誤魔化しながら
何とか頑張って、店を立て直す道を選びました。
まずは人がいないので、自分が頑張る。

僕がソコへ入った目的などを
残った人たちには明かし、
半年ほどで何とか元の状況にまで
戻す事が出来ました。

その後、自分がスタッフとして働かなくても良い
状況までは持っていく事が出来ました。

必死でがむしゃらに頑張っている時は
なんとか誤魔化せていたのですが、

それなりに余裕が出てくると
誤魔化しも効かず、良く見えてくるものです。

月日を重ねるにつれ
色々な事が「嘘」で塗り固められている
現実に直面しました。

ほぼ嘘。
いや、全て嘘と言っても過言では無い程。

まぁ簡単に言うと、騙されていたってことです。

良く調べもせずに
ホイホイと甘い誘惑に釣られた
自分が完全に悪いです。

しかし、嫁の心配が現実となり、
それを押し切った自分。

とてもじゃないが、
嫁には簡単に言えない状況が続きました。

そんな時に
カメラ転売で実際に稼いでいる人と遭遇した訳です。

こちらの自己紹介で書いた
やらなければならない明確な理由は
こういった経緯もありました。

こうして僕のネットビジネスは
副業としてスタートする事となりました。

本日も最後までお読みいただき
ありがとうございました。

窓の外を見つめる

メルマガではブログでは書けないような
濃い内容も包み隠さず公開しています。

メールマガジン
スポンサーリンク
広告
広告

シェアする

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>