商品の魅力を最大限伝える大切さ難しさ

シェアする

こんばんは。中山です。

昨日は前々から予約をしていた
こちらへ家族で行ってきました。

かなりの人気(?)らしく
予約も全然が取れなくて、ホントは
もっと前に行くつもりだったんですが
予約が一杯で、結局子供達の予定を
考慮すると、昨日まで伸びた。って感じです。

嫁や子供達は、
ホームページの写真に惹かれ
行く前からかなり楽しみにしていました。

会場は最上階だったので
琵琶湖を一望でき良かったのですが、
肝心の食べ物はというと・・・

かなりのイマイチでした。

いやー、もう1回言わせて下さい。
イ・マ・イ・チでした。

まず配置が悪く、なんか無駄に
長蛇の列とか出来てるし(笑)

何故か待たされる時間が出来たので
ハードルも上がっちゃって、

そして待ちに待った1口目・・・

ふむふむ。

結局昨日の感想で
ふむふむ以上は出なかったです(笑)

嫁や子供達の印象に残ったものも
“いちご以外”という・・・

まぁそんな結果となったのですが

ホームページの写真を見ると、
女性たちは”おいしそう”や
“行ってみたい”てな感じになるわけですよ。

このトップ写真で集客率は
大きく変わるので、ホテル側も
この写真には力を入れているはずです。

転売ビジネスでも同じです。

あなたの出品商品の
トップ写真はどうですか?

トップ写真のデキで
ページ集客率は大きく違います。

もちろんヘンテコな写真でも
見る人は見ますが、
見ない人は見ないです。

見る人がいるならいいや・・・
なんて考えてる人はヤバいです。

確かに転売ビジネスで
大事なのは確実に仕入れです。

過去のコンサル生にも言っていますが
仕入9 > 出品1
の重要比率関係が成り立つぐらいです。

でも比率が出品1だからと言って
ヘンテコ写真で良いという意味に
捉える人はダメですね。

あなたが今しているのは
“ビジネス”です。

やらされてる”作業”ではありません。

大きな集客力を誇る
プラットフォームを利用していても

さらに自分でできる努力をする

同じプラットフォームを利用していれば
集客力はみんな同じなんですか??

あなたは稼ぐ為の努力をしていますか?

しかし、大事なことがあります。
写真 > 実際
の関係性になるのでは良くありません。

あっ!!
上で書いたいちごに関しては
誇大な表現をしているわけではなく、
写真通りのものでした。

味(?)満足度(?)
が満たされなかったかな(笑)

落札商品がお客様に届いた時に
「なんじゃこれー!?!?」
ってな事にはならないようにして下さい。

そういう表現している転売プレイヤーを
ヤフオクでも良く見かけます。

“実際の商品の魅力を最大限伝える”

本日も最後までお読み頂きありがとうございました。

83H画像元:http://www.gratisography.com/

メルマガではブログでは書けないような
濃い内容も包み隠さず公開しています。

メールマガジン
スポンサーリンク
広告
広告

シェアする

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>