家族写真を撮りに行ってきました。

シェアする

camera

こんばんは。

先日、家族写真を撮りに
写真スタジオへ行ってきて
目が垂れて、ほっぺが垂れた
自分の写真を見て・・・

現実逃避しようかと思った中山です。

子供の成長に合わせて
定期的(?)に写真を撮りに
行ってるんですが、

前回のと見比べると、子供たちは
「うーん。成長したなぁ」と
しみじみ思いますね。

この時はこうだったな。とか
じーーんとした熱いもんがね。

撮られるのは好きじゃないけど
写真ってやっぱり良いですね。

昔に比べて写真が手軽に沢山
撮れるようになったので、
今のお母さんって、子供のアルバム
とか作ってないですよね?

データで残すのが普通なのかな。

でも、
あの写真1枚ずつにお母さんからの
メッセージが書いてあったりする
アルバムをなんか残してあげたいなー。
って思うんですよね~。

歳なのかな?(笑)

撮影時チビちゃんも照れてましたが
なんとか調子良く撮影してくれて
今の僕たちをしっかりと残せたかな。

嫁ちゃんは、きっちりした写真を
残したいタイプなんですが、
僕は自然な感じの写真が好きなんですよね~

気取ってないっていうか、
ありのままの姿(?)

まぁ、今の写真を今見ても特に・・・
ですが、時間が経って見ると
ホントめっちゃ良いもんですよね。

最近ではスマホのカメラ性能が
上がったり、一眼レフカメラの
一般化(?)も進んだりですが

結局行事毎なんかでは写真屋さんに
撮ってもらう人って多いですよね。

もちろん時代は変化しているので
昔ながらの写真屋さんが、昔と
同じようしていて、やっていけるのか
というと、そうではないと思いますが

今の時代にも必要な存在だと思います。

僕たちが撮影してもらったのに
使用されているカメラとレンズは
Canon EOS 1D Mark IVと
Canon EF 35mm F1.4Lの
組み合わせでした(笑)

職業病(?)
やっぱり見ちゃいますよね~。

カメラが一般化してきた今の時代
僕たちの販売ターゲットは
一般層からプロまでと幅広い。

元が高額商品なので、中古品の
需要が高いのも魅力の1つですよね。

『人にとっての写真の大切さ』を
なんかグッと感じる日でした。

本日も最後までお読み頂きありがとうございました。

メルマガではブログでは書けないような
濃い内容も包み隠さず公開しています。

メールマガジン
スポンサーリンク
広告
広告

シェアする

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>