ライバルよりも優先的に仕入れができる機会

シェアする

20160901

中古カメラ転売においての
最重要項目は”仕入れ”です。

仕入れができるかどうか。
ここが稼げるかどうかの
大きな別れ道となります。

仕入れをするために
勉強(リサーチ)したり
色々工夫をしたりします。

ライバルがいない仕入先。
そんなものは基本ありません。

しかし、ライバルよりも
優先的に仕入れができる「機会」を
自ら作り出すことができます。

でも、ほとんどの人は
その機会を作ることなく
スルーしてしまうんですよね。

その機会は、自分の商品が
販売された時に訪れます。

購入してくれた人に
不要なカメラとかがあれば
買い取りしますよ。と伝える。

どうでしょうか??

はぁ!?何それ!?
おぉーいいやん!!

色々な意見はあるでしょうが、
確実にライバルよりも優先的に
仕入れができるチャンスです!

ですよね??

大手カメラ店なんかでは
普通に行われていることです。

ジャパネット〇かた。とかもね。

なぜ自分に売ったほうが良いのか。

そういった事をしっかりと
伝えることができれば
機会をしっかりとものにできる
回数も増えるのではないでしょうか。

大手よりも高値で買い取りする!とか
郵送でできる!とか

色々あると思うんですよね。

こういった機会を使うか
使わないかでは全然違います。

ebayでも同じようなことで
購入者のメールアドレスが取得できる
というのがメリットだと言います。

が!!
うまく使えない人からしたら
全然メリットじゃない。

同じものをもっているだけでは
同じ結果にはならないのです。

同じ情報を持っていても・・・
そういうことですよね。

メールアドレスに比べたら
凄く簡単な方法なので
ぜひ実践してみて下さい。

メルマガではブログでは書けないような
濃い内容も包み隠さず公開しています。

メールマガジン
スポンサーリンク
広告
広告

シェアする

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>