海外需要が丸見えリサーチ法

シェアする

20161022

2016/10/19より、
ヤフオクの評価表示が変わりました。

この変更により、今まで出来ていた
リサーチ方法が1つ死にました。

まずは変更内容を確認してみます。

■変更内容
評価ページの表示を一部変更します。

(1)商品名の表示について
落札で獲得した評価の商品名を非公開化します。

(2)評価者の表示について
落札者が出品者へ評価を行った場合、評価者(落札者)のYahoo! JAPAN IDを伏せ字で表示します。
また、落札者のYahoo! JAPAN IDが評価コメントの自動メッセージに含まれる場合は、該当箇所を伏せ字で表示します。

(3)同一の利用者同士で複数回評価を行った場合について
以下の場合は、最新の評価のみを表示し、それ以前の評価や返答は非公開化します。
・同じYahoo! JAPAN ID同士が複数のオークションで評価を行った場合
・同一の取引で評価コメントや返答を複数回行った場合
ただし、最新の評価が「非常に良い」または「良い」以外である場合は、過去の評価を閲覧するためのリンクを表示します。

(4)終了日時、評価日時の表示について
終了日時を非公開化します(商品ページには終了日時が表示されます)。
評価日時は、「1週間以内」「1か月以内」など期間で表示されます。

※自分が受けた評価を見る場合の表示は、(1)~(4)の変更対象外です。
評価を受けたYahoo! JAPAN IDでログインして、評価ページをご覧ください。

※自分が入れた評価を見る場合の表示は、(1)~(3)の変更対象外です。
評価を入れたYahoo! JAPAN IDでログインして、評価ページをご覧ください。

大きく4つの変更がありましたが、

一番大きい変更は、
(1)の落札商品名の非表示ですね。

ヤフオクでは海外からの
入札(購入)代行業者さんも
多数利用されてます。

当然カメラもレンズも海外需要が
とても大きい商品ですので、
ヤフオクで出品していれば
必ず代行業者さんに出会います。

その代行業者さんのアカウント評価欄を
確認することで、海外需要が丸見え!!

だったのですがw

このリサーチ法は死んだ。
ということですね。

今回、何故使えなくなった
リサーチ法を紹介したのかと言うと、

視点を広げて欲しいから。

商品を落札してくれた。
海外の人が利用している代行業者さんだった。

「へー」で終わってる人がほとんど。

そこから考えることが出来る。
それが稼ぎにつながっていきます。

メルマガではブログでは書けないような
濃い内容も包み隠さず公開しています。

メールマガジン
スポンサーリンク
広告
広告

シェアする

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>