不正転売チケットは無効に

メールマガジン

こんにちは。

本日ニュースを見ていたら、気になるニュースがやっていました。

USJ(ユニバーサル・スタジオ・ジャパン)では、11月から不正転売されたチケットを無効にすると発表したとの内容でした。

アトラクションの待ち時間を短縮できるチケットや、特定の入場券などが、ネットなどで高値で売買されていたようです。

なんと正規価格の7倍で取引されたケースもあるそうで、予算2億-3億円で、監視チームが購入履歴やインターネット・オークションなどをチェックし、転売を確認できたチケットは使えないようにするといった対策をするそうです。

やっぱり転売って言葉が出ると「ん?」って気になりますね(笑)

中国人によるiPhone転売。不正転売。。。

どんどん転売って言葉のイメージが悪くなってきますね。

デジタル大辞泉の解説
てん‐ばい【転売】

[名](スル)買い取った物を、さらに他に売り渡すこと。またうり。「土地を―して差額をもうける」

普通の流通の仕組みです。

「転売」という言葉のイメージが悪いだけで、この流通の仕組み自体が悪いのであれば、直販のみって事になってしまいますね。

やっぱり物販って言葉の方が、イメージ的には良いよねー。

デジタル大辞泉の解説
ぶっ‐ぱん【物販】

《「物品販売」の略》(形のある)商品・製品を売ること。

自分達が普段生活していて購入している物のほとんどは、言葉だけで言うと転売に属するし、物販にも属するんじゃないでしょうか。

いやー難しい(笑)

まぁどっちでも好きなように!ですね(笑)

話しを戻すと、そのニュースの中でこの行為について議論をされておりました。

そこで話されている方のほとんどが、この行為は正当という側の意見でした。

正直、意外な意見でもありました。

この転売が悪いと言うなら、プラス料金でそういったチケットを販売している元が悪いんじゃないか。

こんな意見も飛び出し、なかなか興味の湧く話の連続だったので、引き込まれてました。

ちなみにUSJの公式サイトにも記載がありますが、

  • クールジャパンのチケットがソールドアウトで、人気があるんだな程度に思っていたが、販売目的で買ってる奴らが結構いると知って怒りを感じる

  • 子どもがせっかく楽しみにしていたアトラクションのエクスプレス・パスが、チケット業者と思われる者が大量購入し、2万~4万円もの値段で転売されている

  • エクスプレス・パスがインターネットに大量に出回って高騰している。転売目的で購入している輩がいるため、子どもたちが行けない

といったコメントが多数あったそうです。どうですか?(笑)

人により意見は様々ではあるとは思いますが、勿論ダフ屋行為等を行うのはダメだと思います。

weblio辞書

ダフ屋(ダフや)とは、乗車券、入場券や観覧券など(以下「チケット類」)を転売目的で入手し、チケット類を買えなかった人や買いたい人に売りさばく者、または業者のこと。ダフ屋がチケット類を不正に売りさばいたり、売りさばこうとする行為を、ダフ屋行為という。「だふ」という言葉は、チケット類を意味する「ふだ(札)」を逆にした倒語である[1]。

ここから↓にダフ屋行為を行っている転売屋と、僕達のような転売屋の違いをズラーーって書いてたんですが、ぜーーーーーんぶ消してやりました!!!(笑)

それぞれ気になる方は自分で調べてみて下さい。

ここまでお読みいただきまして、ありがとうございました。

サイトタイトル変えようかなー(笑)