35mm判換算?フルサイズとの画角の違い

メールマガジン

イメージセンサーの大きさが違いますので、同じレンズを使用して同じ場所から撮影したとしても撮影できる範囲(=画角)が変わりという事は理解できていますでしょうか?
フルサイズとAPS-Cサイズを比較を読んでからコチラの記事を呼んで頂くと、より理解が深まると思います。

35mm判換算? 35mmって?

35mmについて分からない場合はイメージセンサーとは?サイズ比較を読んでからコチラの記事を読んで下さい。

デジタルカメラでもフィルムカメラで主流だった35mmフィルムの大きが基準となって考えられていますので、レンズ表記などの大半は35mmフィルム(≒フルサイズ)を基準として表記されています。

フルサイズを基準として表記されているという事は、
例えば50mmのレンズの場合、フルサイズ機で撮影した場合は50mmの画角を得る事が可能ですが、フルサイズよりも小さなAPS-Cサイズだと50mmのレンズを装着しても約75mmの焦点距離となり画角も狭く(=望遠寄り)なってしまいます。

 上の画角が狭くなるという事が分からない方はフルサイズとAPS-Cサイズを比較を読んでください。

では、
APS-Cサイズで50mm相当の画角を得るには何mmのレンズが必要になるのか?
APS-C機で100mmのレンズを装着した場合の得られる画角は?

そういった時に出てくるのが35mm判換算です。

商品にもよりますが、商品カタログにも35mm判換算:○○mm相当って記載されています。

35mm換算表

フルサイズ
レンズ表記
APS-C
1.5倍
APS-C
1.6倍
フォーサーズ
2倍
8mm 12mm 13mm 16mm
10mm 15mm 16mm 20mm
12mm 18mm 19mm 24mm
14mm 21mm 22mm 28mm
16mm 24mm 26mm 32mm
17mm 26mm 27mm 34mm
18mm 27mm 29mm 36mm
19mm 29mm 30mm 38mm
20mm 30mm 32mm 40mm
24mm 36mm 38mm 48mm
28mm 42mm 45mm 56mm
30mm 45mm 48mm 60mm
35mm 53mm 56mm 70mm
40mm 60mm 64mm 80mm
50mm 75mm 80mm 100mm
100mm 150mm 160mm 200mm
200mm 300mm 320mm 400mm
300mm 450mm 480mm 600mm
400mm 600mm 640mm 800mm

ざっくりですが、このようになります。

より望遠で撮影したい場合、画質の事などは考慮しなければイメージセンサーが小さい方がさらに望遠になるという事が一目瞭然です。

また、焦点距離を入力するだけで計算しくれるサイト等もあるので、機会があれば利用してみて下さい。