転売ビジネスでのリスク分散や回避などしていますか?

メールマガジン

20160920

こんばんは。中山です。

台風なかなかでしたね。
関東の方はこれからかな?

住んでいるところの近くが
河川の水位上昇とかで
避難勧告とか出ていました。

九州の方などでは、被害が
出ている地域もあるようです。

災害なんかは、いつ自分の身に
起こるかなんてわかりません。

そんな不安を最優先で考える
なんてことはありませんが、
やっぱりリスクマネジメント
的なことは必要だと思います。

例えばAmazonのFBAを
利用している場合だったら
納品先を複数にする。

少し面倒な事もありますが、
こういった事は必要です。

九州の地震の時も
止まってしまった倉庫も
実際にありましたしね。

ただ、この場合は
リスクを分散したというだけ。

それでも、やらないよりは
やっておいたほうが良い。

カメラ転売とかだったら、
保険に入っておくとか、
保証が約束されている
倉庫に預けるとかが有効です。

家が流されても商品は無事。
倉庫が流されても、お金は
何とか保証される。

リスクマネジメントとして
そういった事はやっておく。

ただ、商品が流されるとか
次の稼ぎを出す為には
スグに商品を仕入しなければ。

保証と言っても、スグに
お金が戻ってくるわけではない。

そうやって考えると
最大のリスクマネジメントは
無在庫という手法で稼げる
という力じゃないだろうか。

商品を保有しているわけではない。
だから、インターネット環境と
パソコン1台あれば、
例え避難所でも稼げる。

また、意外に見落としがちですが
無在庫っていうのは、単月で
見た時でも「ほぼ確実に」

仕入金額 < 売上金額

になっているってこと。

有在庫物販っていうのは、
単商品で見た時には
確かに利益がでているけれども
なぜか現金が無い・・・

という事が初期には必ず起こります。

なぜなら、
次の仕入れをしているからです。
現金→商品へと変わっている。

在庫を保有する必要がないので
無在庫ではこれが起こりません。

当然有在庫のメリットもあります。
ですので、無在庫だけ!とか
有在庫だけ!とかに拘らずに
どちらも出来るというのが強い。

「死」以外はかすり傷。

ですが、実際稼げなくなるのは
かなり痛いことですよね。

そういう点でも、
現在コンサルをさせて頂いている
無在庫販売のノウハウを
しっかりと身につけることで

場所や時間に縛られずに
稼げるようになるということ。

僕たち個人で勝負している場合、
何かあっても稼げる力っていうのを
どんどん身につけていく必要があります。

リスクについては、
1度しっかりと考えて見て下さいね。

あ!実はこの無在庫販売の
ノウハウ最大メリットは別にあって
それについてもまた今度書きます~。

それでは
本日も最後まで読んでいただき
誠にありがとうございました。