売れ行きを飛躍的に上げる方法。

シェアする

20161017

集客ができなければ
どんなに良いモノを置いていても
意味がありません。

モノ自体の質も当然大切ですが、
まずは、知ってもらうことが重要

物販だけじゃありません。
ホント何にだって言えることです。

転売で言うと

ヤフオクやAmazon、ebayやメルカリ等
大手プラットフォームを使っているから
集客は必要無いんじゃない??

という考えになってしまう人が
多いのですが、

その中でも更に集客する為の方法って
結構ありますよね。

例えばメルカリの場合だと、
上部表示を如何にして狙うか。

というのも
プラットフォームを利用している
プラスαで考えていかなければいけないことです。

他にも色々あるのですが、
今日はカメラ・ヤフオクに絞って
成果を出し続けている集客方法を
紹介していきます。

何となく行えている人もいますが、
戦略として取り組んでいる人は
少ないので、しっかりと行いましょう。

成果を出し続けている集客

結論:1円~出品をする

この1円~出品ですが、
その商品自体を販売する目的。
というの勿論ありますが、

それ以上に、
集客としての役目も凄く大きいです。

僕自身が色々実験した結果ですが、
1円~出品を織り交ぜて出品している出品者と、
定額出品だけの出品者とでは、
売れ行きが大きく違ってきます

戦略になりますので、
何でもかんでも1円~出品をすれば
良いということではありません。

その1円~出品の商品が、
集客の入口として機能している
ということなので、

入口から入ってくる属性を考え、
狙った属性が入ってくるような商品を
1円~出品する事で、
より効果的な集客ができる。

思い返すと経験したことがある!!
という人もいると思いますが

1円~出品をしている時に
他の商品が売れていくことが多い。

今回とは少し違いますが
「30品出した頃から売れ出す」
というような言葉を見たり
聞いたりしたことはありませんか?

これは、専門っぽさが出るという
意味合いが大きいのかもしれないけど

そもそも、出品者が出している
他の商品一覧を見てみないと、
その専門っぽさも出せないわけです。

ということは、ヤフオクだったら
「出品者のその他のオークションを見る」
をクリックして確認する人がいる!
っていうことになりますよね。


このクリック率を高める方法もありますよね。

既に買う商品を決めていて、
買おうと決心している人でなく、

良いのが無いかな~。とか
どっちにしようかな~とか

迷いがある人が、商品を見て買う。
という機会を増やすってことです。

「考える」「戦略を立てる」
というのは、稼ぎ続ける為には必須です。

何も考えずに、同じことを繰り返していては
衰退していくに決まってますから。
ぜひ実践してみてください。

メルマガではブログでは書けないような
濃い内容も包み隠さず公開しています。

メールマガジン
スポンサーリンク
広告
広告

シェアする

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>