1day:副業で取り組むなら絶対抑えておきたい仕入れ場

メールマガジン

インターネットで商品を買ったことはありますか?
通常インターネットで商品を買う場合も、実店舗で購入する場合と同じように、商品には予め販売価格が設定されていて、その価格を支払うことで商品を購入することができます。

しかし、ヤフオクではオークション形式で出品されている商品が多数あります。このオークション形式で出品されている商品は、その場で販売という事では無く、出品時に設定された期間の終了時間を迎えた際に、最も高い価格で入札をしていた人が商品を購入することが出来ます。

このオークション形式が、他のネットショップやフリマアプリなどとは大きく異なるものであり、ヤフオクが仕入先として重宝されている理由でもあります。

なぜオークション形式が重宝される?

たとえば、オークション形式が無かった場合を考えてみると、全ての商品は、出品者が販売したい価格で提示されることになります。その価格が相場よりも安ければ購入すれば良くて、高ければ見逃していけば良い。

では、いつ購入できるのでしょうか?

・・・

出品された後。という事になりますが、
利益の見込める商品がいつまでも置いてあるでしょうか?

これはインターネットとかリアルとかは関係ありません。通常よりも安価に販売されている商品がいつまでも放置されていることはありません。つまりは、早いもの勝ちなんです。

早くにその商品を見つけて購入しなければ、手に入れる事が出来ないという事になりますので、出品されるのを待つことが出来る人が、必然的に手にできる確率が高くなりますので、限られた時間で取り組む方には不利なものとなります。

これからカメラ転売などの転売ビジネスを行おうと思っている方のほとんどは、メイン事業として取り組むというよりは、副業として取り組む方や、家事の合間に取り組む方なはずです。そういった限られた時間で仕入れを行わなければいけない状況の方には、早いもの勝ちではないオークション形式があるのは助かります。

ヤフオクの特徴を知る

ヤフオクのメインタイムは21:00~23:00頃までと言われています。日本はサラリーマンの比率が90%近くと言われていますので、必然的にこの時間帯に利用する人が多くなるということです。

ですので、
商品ジャンルにもよりますが、会社員がメインのターゲットとなる商品を出品する場合は、21:00~23:00に終了するように設定したほうが良いという事になります。

終了する曜日も非常に重要で、出掛けてしまっているような日を設定してしまってはダメですし、財布の紐が硬くなるような曜日よりは、緩くなって購入しやすい曜日を選択する方が無難です。

これは、商品ジャンルや考え方によって様々な意見があるのですが、どれが正解で、どれが間違いという事はありません。ただ、なんとなく出品するのではなく、画面の向こう側にいる購入者の事を考える事が大切です。

実際の店舗とは違って、直接お客さんを見る機会がない為、お客さんが居てのビジネスをしているという事を忘れてしまいがちですが、この事を忘れてはビジネスをしているという事にはなりません。頭に叩き込んでおきましょう。

オークション形式で出品されている商品の仕入れでは、基本的にはその日に終了するものから見て行くことになります。何日も先に終了するものに入札しても良いのですが、終了時間を迎えた時に高値で入札していることが重要ですので、限られた時間を使ってまで予め先の商品を見ておく必要はありません。

ヤフオク相場を調べて販売価格を予測する。

ヤフオクの相場はオークファンを使用して調べます。転売のメリットとして大きいのは、過去データを分析することで、予め販売価格がある程度予測できることがあります。販売予定価格が分かるから、仕入の限度価格も分かるのです。

つまりは、
過去データをしっかりと分析することで、着実に稼いでいくことが出来るようになります。その為にもオークファンを使いこなす事、相場を読み取る力を鍛えていかなければいけません。