成果への最短ルート 守破離の「守」

メールマガジン

nine-2089313_640

ネットビジネスにおける守破離

  1. 「守」:教わった通りに実践し、型を守る。
  2. 「破」:基礎からの応用。
  3. 「離」:これまでに学んだことを活かして、オリジナルを生み出す。

この守・破・離の中で最も大事なのが「守」です。

型を守るというのは、先人が様々な試行錯誤をした上で無駄を削ぎ落して出来上がったものです。

まずは教えを素直に守り、まねることから始めていかなければいけません。

「守」が出来てこそ「破」が成り立つのに、初めから自己流に走ってしまう人がいますが、師匠(=指導者)は初心者が考える事や立ちはだかる壁などを経験したうえでの最善の型を伝えています。

初心者の考えと、既に成果を出している人の考え

どちらが成果に直結するのかは一目瞭然です。

「我流は遠回り」

基礎を飛ばして初めからオリジナリティを出していくのではなく、まずは徹底的に「守」をマスターすることが成功への近道です。

守 → 破 → 離

ですが

守 → 守 → 守 → 守 → 守 → 破

というイメージでいることが大切です。

何度も言いますが

「守」が出来なければ次の段階はありません

「違う気がする・・・」

「こうしたほうが良いと思う・・・」

という考えをすぐにしてしまう人は、実際は遠回りをしてしまっているので、一生懸命努力しているのになかなか成果に結びつかない・・・といった事になります。

師匠(=指導者)と同じレベルになるまで、徹底的に「守」をやりきりましょう