インプットからのアウトプット

メールマガジン

apple-256261_640

知識や情報を得ることがインプットだとすれば、アウトプットは得た知識や情報をもとに行動するということになりますが、成果を出せない人というのはインプットのやり方もアウトプットのやり方も悪いということです。

「知っている」と「やっている」では大きな違い

ネットビジネス業界だけかは分かりませんが、知識や情報を得ただけで満足してしまって、全く行動には移さない人や、行動はしてみたけれども少し躓いたり、小さな壁が目の前にきたぐらいで行動を止めてしまう人が多いです。

また表層的な部分を知っているからか、講師や成果を出している人達が話しをしていても「知ってる」という思いが先行して、全く話しを聞かなくなる人もいます。

知っているだけでは何にもなりません。実践までしないのであれば、知っていても知らないのと同じです。知ったかぶり全開なのにも関わらず、何の成果も出していないのであれば全く意味がありません。

ネットビジネスだけでなく何だってそうですが、どれだけ良いインプットをしていたとしても、アウトプットができていなければ成果に繋がることはありえません。インプットしたらアウトプットまで必ず行うこと。

行動しなければ何も変わらない

インプットも当然大切ではありますが、インプット=勉強することが目的ではないのにも関わらず、なぜがインプット自体が目的になってしまう人が多いです。

インプットし続けていても1円も稼ぐことは出来ません

比率的にもインプットよりもアウトプットを重視しなければいけません。
インプット:2
アウトプット:8

正しい方向に力を注ぐためにもインプットは非常に重要ではありますが、アウトプットをしなければ何の意味もないですので、インプット2に対して、アウトプットは8という関係性ぐらいで丁度良いです。

インプットが多くなってきている。アウトプットが全然出来ていない。そのような状況になっていたらスグに切り替える。この比率は成果が出るまで継続してやりましょう。