成功は二次曲線でやってくる

メールマガジン

mountain-road-1556177_640

時給10円時代

お金を稼ぎたいと思い始めたネットビジネスなのに、行動しているのにも関わらず思うようにお金が稼げなくて諦めてしまうという人は非常に多い世界となっています。

時給10円時代というのを聞いたこともありかもしれませんが、ネットビジネスに取り組み始めたとしても、初めから大きく稼げる人というのは本当にごく稀で、多くは行動の割に稼げないという期間が存在します。

そもそも行動の量や質の基準値も、まだ会社員脳から脱却できておらずに低いことが多く、「やっている」という思いだけが先行している場合もあります。

しかし、その会社員脳の基準値で結果が出るのであれば、既に結果を得ていないとおかしいという事は理解できると思います。

その点を踏まえなくても初めからうまく行くという事はほぼありません。これはビジネスに限ったことではなく、趣味でも勉強でも同じようなことになっているはずです。

趣味で始めたことでも、初めから上手くできることはなく、様々な失敗などを経験して微調整を繰り返し上達していきます。そんな経験はないでしょうか?

ですので、初めは 「時間 > 稼ぎ」という関係にどうしてもなってしまい、時給10円時代や、時給100円時代などと言われることがあります。

時給10円時代からジャンプポイント

最初は上手くいかなかったことも、時間の経過とともに積み上げてきた経験が一気に活きてくるポイントの「いつの間にか出来る様になっていた」というポイントが存在します。

1度出来てしまうとコツをつかんだのか、それまで全くできなかった事が急に出来るようになるということがあると思います。

成功の二次曲線

成功は二次曲線でやってくるのですが、イメージでは一時曲線となっている為、どうしてもイメージとのギャップが生まれてきて、ジャンプポイントに入る前に諦めてしまう人が出てくる。

このイメージと現実のギャップがあるせいで、もう少し継続して頑張っていけば経験も積み重なり感覚を掴めてきてジャンプポイントがやってくるにもかかわらず手を止め諦めてします。

ネットビジネスは簡単に稼げるイメージがあったということが大半の理由ですが、初めから大きく稼ぐことは出来ない。時間がかかるものだと経験則から知っているはずなのに、ネットビジネスだと簡単にと考えてしまう。

ネットビジネスに限ったことではありませんが、成果を出す為にはジャンプポイントに達するまでしっかりと経験を積み重ねるという事が非常に大切なことになります。

このジャンプポイントを早める事は可能ですので、正しい知識と正しい行動量で必要な作業を淡々とこなして行くことが大切です。