ヤフオク詐欺メール内容を公開

メールマガジン

出品者も被害者になってしまう

ヤフオクの出品者のIDを名乗り、
入札者(落札者以外)の方へ
直接メールを送りつけて、
ヤフオクを介さず直接取引に進め
金銭を騙し取ろうとする人がいます。

※こちらの詐欺手法は
ヤフオクの機能改善により
現在は行えないはずです。

入札者Yahoo! JAPAN IDの表示変更について

既に行われないであろう詐欺ですが
実体験をもとに過去の事例として
この詐欺について説明していきます。

詐欺メールの内容とは!?

【   商品タイトル   】
を出品いたしました【出品者ID】です。

先日はご参加ありがとうございました。
その後、落札者様よりご連絡をいただいたのですが、
オークション後に身内の方に不幸があったそうで
落札のキャンセルをさせてほしいとのことでした。

話し合いの結果、予期せぬ出来事での
キャンセルということもあり、
出費もかさなりますのでオークション上は
そのまま処理し、減点評価などはつけずに終了いたしました。
お譲りさせていただきます・・・

出品者を騙り
このような内容のメールを
落札者以外の入札者へ送付しているようです。

実際にこの詐欺メールが発覚したのは
僕が出品していた商品に対して
入札をしていた方から直接
問い合わせを受けて知りました。

しかも、この入札者の方は
入札順位が5位の方でした。
つまり、
他の入札者の方へも
同様のメールが送られている
ということが想定できます。

出品者を騙っての送付ですので
出品者も被害者となっています。

こられを回避するために
予め商品説明欄に
「そのようなメールを送ることはない」
という事を記載しておられる方もいます。