【PENTAX 6×7】ペンタックス67 前期型/後期型/67の見分け方や違いを解説

メールマガジン

発売開始時期

  • 1969年7月 【6×7】(前期型)
  • 1976年 【6×7 ミラーアップ(M-up)】(後期型)
  • 1989年11月 【67】
  • 1998年11月 【67II】

発売開始時期は上記のとおりで、

【6×7】と【67】の違いはボディ前面右側に【6×7】や【67】とあるので一目瞭然。

また【67】と【67II】の違いも同じくボディを見れば一目瞭然。(見た目も機能も全然違います)

間違い易いのは、【6×7】の前期型と後期型です。

【6×7】前期型と後期型の違い

外観 巻上レバー側上部カバー(10/20を120/220に変更)。ミラーアップレバー追加。裏蓋形状、フィルム圧板形状変更。バッテリーケース形状変更。
フィルム室内 右のフィルムガイドローラーの形状変更。フィルムスタート位置変更。
フィルムガイドローラーの形状変更
内部 シャッター幕、バウンド部部品変更。ミラー駆動部(D板)部品変更。マグネット部品変更。フィルム巻上げ部、コマ送り関連部品変更。メイン基板新基板に変更。変更部品との互換性がないため初期型はほとんど修理できず。
TTLペンタプリズム メータースイッチクリック式からバネ復帰式に変更。ASAHI PENTAXからPENTAXに変更。電子基板を変更。

カウンター切り替えの表示(120/220に変更)

PENTAX67 6×7 カウンター切り換え

ミラーアップレバー(ミラーアップレバー追加)

PENTAX67 6×7 ミラーアップ
(説明書より引用)
PENTAX6×7

PENTAX67

ボディとファインダーの年式や型がバラバラの場合も勿論ありますので注意が必要です。

しっかりと違いを認識・理解して、しっかりとそのモノがもつ価値を見極めれる事が大事です。