初心者でもNikon 非Ai、Ai、Ai-sを確実に見分る方法

シェアする

Nikonのマニュアルレンズには、大きく分けて下記のように分類されるものがあります。

  • 非Ai
  • Ai
  • Ai-s

これを見分ける方法として皆様が周知しているのは、

「蟹爪の向きや形」や「絞り値の記載数や」だと思います。

下の画像のような感じですね。

50-1.4-ai50-1.4-ai-s

しかし、上記方法では不安という方や、写真の角度によっては見分けがつかないものもあります。

これが見分けられるだけで仕入れの幅が広がり、また稼ぐ事も出来ます。

さらに、「非Ai」レンズにも実は種類があります。

今回の無料レポートでは、それらが超簡単に見分ける事も出来ます。

この機会に手に入れておいて、絶対損はありません。

稼ぎたい方は確実に登録して閲覧しておいてください。

初心者でも「Nikon Ai Ai-S 非Ai」を

簡単に見分ける事が出来るレポートは

メルマガ読者様限定となっております。

メールマガジン

メールマガジンではBLOGで書けない内容や、
より詳しい内容などを日々書いています。
メールマガジン
スポンサーリンク
広告
広告

シェアする

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>